2017年12月21日

兵庫県庁勤務公務員は県民に対する賊、兵庫県立大学の存在は何?

 兵庫県庁勤務の公務員は兵庫県民の富を税金としてとり、ろくな働きをしない無駄。

兵庫県民の富をとりあげる賊、兵庫県民へのテロリスト。

兵庫県議が仕事に関してまともな注意をした際は、ハラスメントなんて言わないことだ!

野々村竜太郎元兵庫県議の問題、兵庫県庁勤務公務員がろくな仕事をしていないってことだろ!

兵庫県庁から転勤したり兵庫県庁に勤務して退職した奴も同様だ。


さて、兵庫県立大学、こんなのを入試問題に出せるかな?自由英作文とか小論文に出せるかな?

「野々村竜太郎元兵庫県議は有罪判決を受け個人名も出て多くの人が知ることができる状況になった。一方政治家でない兵庫県庁勤務の公務員は問題を止めることができなかったが、止めることをすべきであったという観点から関係する公務員の個人名を少なくとも私は知らない。このような状況で、野々村竜太郎と政治家でない兵庫県庁勤務の公務員、扱いが公平であると思うか。社会的制裁は野々村竜太郎と政治家でない兵庫県庁勤務の公務員、平等と思うか。あなたの考えを述べよ。」

出題の意図:兵庫県の問題を考察する。英作文あるいは日本語で小論文が書けるかを試験する。

こういう問題を出せないのなら、兵庫県立大学教員はただの飼い犬だ。学問の自由が兵庫県立大学にあるかどうかが問われる。



Posted by 地球の声 at 21:44│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。